用途に分けて利用出来るサービスがあります

>

たまには自分一人だけの時間も必要です

水商売系の仕事に就いている親もいます

安定した生活を送る為に、より昼間の給料よりも良い夜間の仕事も掛け持ちして働く人も多いです。
今、シングル家庭が急増している事もあり夜間のみをメインとしている一時預かりの保育施設も増えつつあります。
特に、水商売系だと営業時間は明け方までの勤務になる事がほとんどです。
そのような場合に、小さい子供がいたりすると一時預かりの施設で宿泊させて、勤務が終わった朝方に迎えに来ます。

なので、夕方から一時預かりで預けている人が多いです。
昼間の仕事も掛け持ちでしている人は、2つの一時預かりを利用しているケースもあります。
その為、食事料金も保育の中に含まれている事もあり、少し高めですが、美味しくバランスと良い食事を子供にさせてあげる事は可能です。
園児寝ている時も、交代で見回りをして事故を防ぐようにしています。

夜間だけ働く人もいます

昼間は、子供との時間をゆっくりと過ごして夜だけ給料が高い所で働く人もいます。
前の記事でも紹介したように、水商売系で働いて頑張っている人もいるのですが、夜間だけ働いている生活をしている家庭も意外と多いです。
事情は様々あると思いますが、やはり子供の事を考えると、より給料が高い夜に働いた方が良いと考えて働いているのです。

宿泊が出来る一時預かりの保育施設は、全国的に見てもまだまだ少ない方だと言います。
それに、きちんと市からの認可が下りてない所が多いので料金も幅広いそうですが、子供の安全や健康面を考えた場合に専門の保育者がいる一時預かりの施設の方が質の高い保育を受ける事が出来ます。
親と過ごす時間はあまりなく可哀想だと思うかもしれませんが、子供もきちんと置かれている状況を小さいながらも理解している事が多いようです。


シェアする