用途に分けて利用出来るサービスがあります

>

施設に行くのに抵抗がある人の場合

子供の面倒まで見切れない時もあります

介護と言うのは簡単な物ではないそうです。
とても大変な事も多く起こり得るケースもある為、そのような場合に同居したり2世帯住宅で住んでいるとなると、小さい子供がいたらかなり大変な状況になると思います。
どうしても親の介護をしないといけなくなった場合、もし母親一人だけだったら、自分の子供と親の介護と同時に行わなければなりません。
考えても時間も体力も限界をすぐに迎えてしまうと思います。

そんな時に、一時預かりの施設に子供を宿泊させて親をメインで見ている人もいます。
重度ではなく軽度の介護に限るそうですが、月に数回子供を宿泊させて介護に専念しています。
前の記事でも紹介したように、今の時代は夫婦で育児をする事が当たり前だと言いましたが、現実問題まだ母親がメインで見ている事が多いです。

親が認知症を発症したケースについて

認知症と言っても、人それぞれ発症する度合いに差があります。
特に、徘徊や攻撃的な人格になってしまう認知症になってしまうと、自分の家族の顔や名前まで分からなくなるそうです。
しかし、毎日そのような症状が出る事はないケースもある為、危険だと思った時にだけ、小さい子供を事を考えて一時預かりのサービスを利用して施設に宿泊させる事もあります。
これは、子供の安全を守るだけではなく、大好きなおじいちゃんおばあちゃんを怖がってしまわないようにする為の防衛策でもあるのです。

攻撃的な人格になってしまうと子供でさえもその対象となってしまう事もあり、万が一危害を加えられた時の事を考えると安全な所にいた方が良いのです。
週に数回そのような所を利用したり、父親が育児に協力的であれば外泊して貰うなどしている所もあります。


シェアする